Keiji HORIBÉ

Calligraphie japonaise

28, rue des Petites Pannes | 49100 Angers | 06 85 23 30 35

Moi-même 自分 (35×40 cm) -150€ -

 

Tout le monde se pose cette question sans doute au moins une fois dans la vie.

Qui suis-je?

En japonais, il y a plusieurs façons de dire le "moi" : "Watashi", "Boku", "Ore", "Ji-bun" etc..."

 

Pour la calligraphie, j'ai choisi le mot de "Ji-bun".

Le caractère de "Ji" désigne le nez, car sans doute, quand les Asiatiques voulaient parler d'eux, ils se désignaient un doigt sur le nez, non pas la main sur la poitrine comme les Occidentaux.

L'idéogramme de "Bun" signifie couper un morceau en deux avec un couteau.

Etre soi-même, c'est de séparer le nez (=soi) ?

Ce qui veut dire est d'éloigner l’ego ? Ou bien, couper le soi en deux ?

 

Enfin, j'ai l'impression que ce mot nous montre juste l'importance de "l'équilibre" pour être soi-même.

Moi, j'ai envie d'être quelqu'un de "libre" avec un bon équilibre.

La calligraphie est réalisée avec cette réflexion.

Qu'en pensez-vous ? Vous êtes bien en vous-même ? Est-ce que vous vous aimez ? Vous avez un bon équilibre 

 

 誰もがきっと自分探しの旅をしていることと思います。それが人生というもの。

私もいつもこのことについて考えています。

「自分」とは何だろう。「自分らしさ」とは何だろう、と。

誰もが自分を大切に思っている、はずです。

 

ある本の中に、「自己」と「自分」とは違うものだと書いてありました。

「自己」とは、人間が持つ本来の潜在能力のことを言い、

「自分」とは、「思う」ことによって動く自己の上にのっかっているモノ。

つまり、「自己」とは、例えば肘の曲げ伸ばしをするとき、手前の方向には普通に曲げ伸ばしができるが、逆方向には出来ない。無理して曲げようとすると、第一痛くて折れてしまう。

そのような生まれつき持っている性質の状態のことを潜在能力と呼ぶ。

そうすると、結局「自分」とは、その潜在能力を操るドライバー?運転手?みたいな存在になるのだろうか。

 

どちらが強くても、幸福にはなれないかもしれない。

やっぱり、バランスが大切だ、と思わずにはいられないのは私だけだろうか。

「自己」だけを野放しにしていると野生的?になってしまい、人間的な営みが出来なくなってしまう。人間的な営みとは考えて行動することを差す。

「自分」が出すぎてしまうと、頭でっかちになりすぎて、本質的なものを眠らせてしまう。

やっぱりバランスが大事になってくる。

でも、私はどちらかというと、もっと「自己」を「自分」から解放してあげる必要性を感じている。なぜなら、考えすぎるからだろうか?

「自分らしさ」というのは、この「自己」と「自分」のバランスが確立されたときに感じる「私」なのかもしれない。

 

私が理想とする「自分らしさ」は「自由な私」。考えすぎる自分から少しだけ自己を開放させてあげて自由な人間になること。

そのような思い、考え、感覚を書に表現してみました。

皆さんはどんな「自分らしさ」を書に表現したいですか?