Keiji HORIBÉ

Calligraphie japonaise

28, rue des Petites Pannes | 49100 Angers | 06 85 23 30 35

La musique 音樂 (30×40 cm) -100€ -

 

Chacun son goût, chacun sa propre sensation.

Il en est de même pour la musique.

Chacun aime sans doute la musique mais chacun son goût.

Car chacun est différent, unique au monde.

 

Il est de même pour la calligraphie.

Chacun s'exprime différemment, chacun a sa valeur, chacun a sa perception de beauté.

Tout est vrai, tout est bon. Tout va bien comme il faut. 

Vous voyez ma musique sur ma calligraphie.

Pour moi, la musique me fait du bien, réveiller mon esprit et animer mon âme.

C'est un don sacré.

 

La musique s'écrit en deux idéogrammes chinois : "son" et "joie", appelé en japonais "Ongaku"

Ce mot est magique.

 

Le caractère du "son" () est composé de deux caractères : "dire" ou "parole" () et "un" ou "signe" ().

Le mot, "dire" ou "parole" () est construit encore de deux morceaux : aiguille () et un écrit d'un voeu dans un récipient carré ()

L'aiguille désignait comme symbole de la punition si cette prière ou le voeu n'était pas sincère.

Comme quoi, on ne doit pas raconter n'importe quoi !

 

Enfin, l'idéogramme du "son" () est ajouté d'un "signe" () dans le récipient carré avec un écrit d'un voeu du mot "dire" ou "parole" () .

Ce signe () désigne la réponse de Dieu apportée dans la nuit en faisant un petit bruit. 

 

D'autre part, quant au mot "joie" () est une écriture figurative des cocons sur l'arbre avec une cloche au milieu de l'arbre.

Cette cloche était utilisée pour faire plaisir aux Dieux ou pour attirer l'attention des Dieux afin de leur demander de guérir des malades.

 

La musique était étymologiquement quelque chose de sacré.

Et vous, quel genre de musique aimez-vous ?

 

「音を楽しむ」と書いて「音楽」。

「音で楽にする(楽になる)」と解釈しても良い。

人それぞれの解釈の仕方があるし、人それぞれの好みの音楽があるのは当然のことだ。 

人はそれぞれの感性を持っているのだから。

 

書道においても同じこと。人それぞれの美的感覚があるし、受け取り方が違うし、人それぞれの表現方法がある。

いろいろな楽しみ方があるのだ。

私の音楽は書に現れている通り。

音楽は私にとって快楽であり、心を癒してくれる大切なものである。人類は何というものを編み出したものか!

 

「音楽」という字は半端じゃない。

なぜなら、「音」という字は「神のお告げ」を意味しているものだからだ。

 

そもそも「音」という字は「言」という言葉からできているらしい。「言」という字は、「神への祈りの文を入れた四角い入れ物に辛(はり)を置いて神に誓う」という意味で編み出された文字。実は「言」という字そのものは、こんなに責任重大で、深い意味合いがあったの。「言う」ということは侮ってはいけないんだなぁと思

 

それで、「音」という字はその「言」の字の下にある四角い入れ物の中に「一」を加えて「音」にしたのだ。

つまり、この「一」というしるしは、神への誓いあるいは祈りの文に対して神が夜中にかすかな音を立てて返事をするということを表しているのだ。そのかすかな音自体がこの字の語源なのだ。

この字が醸し出すしずけさ神聖さがたまらない。私は神聖なものが大好きだ。

 

「楽」という字は木の上に繭(まゆ)のかかったさまを描いた象形文字。また、一方では木の柄が付いた手鈴を表しているとも言われています。上部の中央が鈴で、その左右が糸のかざりだそうで、旧字では「樂」と書かれていてイメージしやすいですね。

古代中国では、神に祈り、神を楽しませるときにこの鈴を鳴らしたそうです。また、病人のそばで病気が治るようにと鈴を鳴らして神に祈ったそうです。それで、楽しみ、音楽、病気が治って楽になるといった意味でこの字を使うようになったようです。

少し長文になってしまいましたが、何だかワクワクする二文字だと思いませんか。神聖で尚且つ楽しみ、楽になる字ですから。

 

あなたはどのような音楽が好きですか。