Keiji HORIBÉ

Calligraphie japonaise

28, rue des Petites Pannes | 49100 Angers | 06 85 23 30 35

Attachement 執着 (35×40 cm) -150€ -

Le mot "attachement" s'écrit en japonais comme "執着 (Shû-Tchaku)". 

Ce mot ne s'emploie pas positivement au Japon. Car s'attacher à quelque chose n'est pas un bon comportement. Parce que cette attitude empêche la liberté ou la mobilité.

Mais je me suis posé la question si ce mot était vraiment négatif ou non.

En France,  quelle image apporte ce mot "attachement"? Positif ou négatif ?

Je pense que tout dépend de la situation.

Ils l'emploient des fois positivement, des fois négativement.

 

Si je vous explique tous les éléments de ces deux caractères, vous allez avoir sans doute quelques interrogations.

D'abord, le premier caractère de 執 (syû) : Partie gauche (le bonheur), Partie droite (le rond)

Ensuite, le deuxième "着" (tchaku) : attacher, arriver

 

- Interprétation (1) : Attacher l'image du "bonheur" et du "rond", ou bien arriver à cette image, pourquoi c'est négatif ? 

Il faut voir l'interprétation de l'étymologie du mot "bonheur" (幸 : Shiäwasé). 

En fait, ce caractère est construit par le dessin des menottes. Quel lien avec les menottes et le bonheur ? Parce que on est juste attaché avec les menottes et sauvé par la mort, puis les personnes pensaient que c'était plutôt le bonheur ?

Enfin, on peut interpréter ce mot japonais "attachement" comme :

 

- Interprétation (2) : attacher les personnes avec les menottes rondes. Là, c'est sans doute négatif.

 

Enfin, toutes les interprétations sont possibles. Positif ou négatif, s'attacher à une image ou non, si je m'attache à une chose, c'est à la forme "ronde".

La forme ronde me semble donner déjà une réponse : liberté, éternité.

J'ai calligraphié ce mot en tenant compte de toutes ces images positives ou négatives voire sans jugement, en ayant tout simplement l'image d'un cercle (rond) et du "vent" pour le rendre l'image de la liberté et "l'éphémérité". 

Car ce n'est qu'une interprétation personnelle et l'importance est d'exprimer (ou vivre) en soi-même, s'attacher à rien, librement comme le vent.

 

皆さん、「執着」という言葉を聞いて、どんなイメージを浮かべますか?

「執着はいけないもの?」という風に考えるのは私だけでしょうか。

そこで、この漢字を細かく覗いてみると、果たして本当にいけないものかなと思えてきました。

少し解説してみると、まず「執」の字。左が「幸(しあわせ)」で右が「丸(まる)」。

只、この二つの字の組み合わせを見ただけだと、別にマイナスなイメージは浮かんでこない。

次に「着」。どこかに「着く」とか、何かが「付着する」とかいう風に通常使われる漢字ですね。

「幸せや丸が付着する」、あるいは「幸せや丸いところに到着する」で「執着」。何故、これで悪いことにされてしまったのだろうか、この漢字たちは...と堀部は思った。

可哀想な漢字たちだ。元々は悪者ではなく、むしろいいことを出来るだけ長く、しかも人々の幸福のために自分のものにしてやろうという願いで昔の人たちはこの文字を編み出したのかもしれないのに。。。一体なぜ、こんなことになったのか。

時代と共に、人間たちの思い込み?のせいで本来の意味から離れて悪者にされてしまったのか?人間たちに重いゴミにされてしまったのか?堀部はそう思った。

悪いのはこの二文字ではない!勝手に人間たちが悪い解釈を付けてきて、悪者扱いにしてきただけなのだ。

堀部はこの文字を再び蘇らせ、幸せのヒーローのように扱い直したい衝動にかられた。

執着はいけないだなんて、そんな思い込みなんて捨ててしまえ!何かに執着することこそが、たくさんいいことがあるんだぞー!ということに目を向けてみよう、と、そう思った。

この文字が本来持つであろう「温かさ?」や「幸せへの祈り?」を心に抱きながら、「丸い」イメージを浮かべながら書いてみた。

 

が・・・、

 

「丸い」?待てよ。「幸」という漢字はそもそも罪を犯した人に付けた道具である手枷(てかせ)を表した象形文字だったよな。。。犯した罪が手枷のこれぐらいで済んでよかった、「さいわいだった」という意味でこの文字ができたのだった。それに「丸い」を付け加えてできた字が「執」。

 

「!?」

 

なにー!!もしかして、「丸い手枷を付ける(付着する)」と書いて「執着」にした文字なのかー!??

 

「勘違いしてたのかー!?思い込みをしてたのかー!?」

 

「・・・・・・・・・(沈黙)」

 

分からなくなってきた。こいつはいい奴なのか、やっぱり悪い奴なのか。。。さっぱりわからなくなってきた。人間は皆、「思い込み」というしがらみに取り憑かれながら生きていく動物である。誰もが思い込みをするものである(堀部、逃げに入るの巻)。

 

「まっ、いいかっ!」

いいも悪いも、あたかも、執着がまさに字の如く執着であり、執着が執着でなくなってしまうような、巡りにめぐって吹き流れていく風のような「はかなさ」も含めながら「丸いイメージ」で、ということで結局表現し直してみました。(ちょっと強引?笑)

皆さん、思いっきり執着してみましょう!そして、思いっきり執着からをも離れて自由になりましょう。

自分らしく生きることこそが肝心です。

多かれ少なかれ、執着したっていいじゃないですか!

執着しなくてもいいし(笑)。

(堀部の「執着」に関する問答も結局どうでもよくなってしまった笑)